診療時間

スタッフブログ

外反母趾の原因 横浜市南区リーフ整骨院

外反母趾の原因 横浜市南区リーフ整骨院

外反母趾

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がり、くの字のように変形します。

好発年齢としては中高年期の外反母趾が最も多いいです、靴だけでなく、筋力低下や肥満なども原因とされます。
高い靴やハイヒールを履く事で、若年層の女性でもなることがあります!

親指の付け根の腫れや痛みが出ることもあります。
さらに悪くなると、足の裏にタコができたり、親指が第2趾と重なる場合もあります

原因

考えられる要因としては、扁平足や開張足です。足のアーチ構造が崩れ、立位になると足趾の関節が全体的に扇状に広げられます。この場合、靴を履いたときに、広がった足先が靴先に圧迫されて外反母趾になることがあります!
さらに、ハイヒールや自分の足に合わない靴や足先の細い靴を履くことで足先に過剰な力が加わって、外反母趾を引き起こすとされています。

症状

関節自体は内側に突出するため、靴との摩擦が起こりやすくなり、突出部分に炎症や潰瘍を形成することがあります。
そうなると痛みが出てしまい、靴が履けなくなったりしてしまいます。
歩くのが辛くなるので、歩かなくなるとさらに筋力が低下したり、扁平足が悪化してしまいます。

予防
母趾に負担がかからない、先がゆったりとした靴を選んだり、足の指のストレッチを行います。
やり方
足の指をグー、チョキ、パーのように指を動かしていきます。

治療
当院では、どこが悪いか検査をします。
足の形に対してだと外反母趾矯正を行っていきます。足の裏表や下腿の筋肉が硬くなったりすると扁平足や足のトラブルが起こるので、足周りを徹底的に緩めていきます。やる前とやった後に写真を取ってどう変わったか一緒に診ていきます。
脚のトラブルは骨盤から来ている可能性もあるのでそこも写真を撮って骨盤が歪んでるのかどうか診ていきます。
外反母趾は酷くなると手術になってしまう可能性があるので、早期の治療が大切になっていきます。痛みや足の親指が少しでも変形していたら1度横浜市南区 リーフ整骨院へご相談下さい!

 

リーフ整骨院井土ヶ谷院のホームページはこちら

お問い合わせ

診療時間

map

定休日
定休日:無し 全日営業しております。
住所
〒232-0072 神奈川県横浜市南区永田東1-1-16 フジビル 1F
※提携駐車場あり(1時間まで当院負担)
アクセス
「井土ヶ谷」駅改札を出て左に徒歩20秒(ラーメン屋さんの隣)

Instagram

キャンペーン